メニュー

各種お悩みについて

どうして胃カメラは苦しいと言われているの?(2020.05.11更新)
胃カメラと聞くと、検査の際のつらい経験を思い返されて顔をしかめられる方が大変多いです。それほどまでに口からカメラを挿入する際にこみ上げるあの強い嘔吐感は大変苦しいものです。近年では苦しさを軽減する… ▼続きを読む

以前に大腸腺腫や家族性大腸腺腫症と言われたら、定期検査は必要ですか?(2020.03.26更新)
腺腫とは時間の経過とともに癌に進行する疑いがある腫瘍を指します。腺腫が見つかった場合には予防的に切除する必要があるだけでなく、今後の定期的な観察がとても重要となります。家族性大腸腺腫症の場合に… ▼続きを読む

胃癌になりやすい体質はありますか?(2020.02.26更新)
胃癌の発症については、遺伝的・体質的な問題は比較的少ないとされています。しかし、過去にピロリ菌に感染したことがある方や家族性大腸腺腫症を患われている方などは警戒が必要となります。また、過度の喫煙や… ▼続きを読む

大腸癌になりやすい体質はありますか?(2020.02.10更新)
大腸癌においてその発症の多くは散発性です。しかし、遺伝的・体質的な問題により高い発症リスクを抱えられている方も実は一定数いらっしゃいます。特に大腸癌は他の癌に比べると遺伝性が強いことがわかって… ▼続きを読む

食道癌になりやすい体質はありますか?(2019.12.20更新)
食道癌は環境因子による発症が圧倒的に多いですが、お酒に弱いなど遺伝的・体質的な問題も深く関わっています。ご自身の体の特性を知っておくことは予防としても有効です。 お酒を飲むと顔が赤くなり… ▼続きを読む

食事で喉がつかえる際にはどうする?(2019.11.28更新)
喉のつかえ感を引き起こす原因はさまざまです。特に命に関わる腫瘍性病変の場合には早期治療が必須となります。原因の特定には内視鏡を用いての検査が有効です。 Q.喉のつかえ感とはどのようなもの… ▼続きを読む

大腸カメラの定期検査は何年に1回やるのがよいの?(2019.10.21更新)
個々人のさまざまな症状や状況によっても異なりますが、2~3年に一度は大腸カメラを用いての検査を受けられるのが良いでしょう。ただし、大腸腺腫ポリープを過去に複数個切除した経験がある方などリスクが… ▼続きを読む

胃カメラの定期検査は何年に1回やるのがよいの?(2019.09.24更新)
公的検診では50歳以上の方を対象に2年に1回行われていますが、胃癌リスクが高い方は年に1回の検査を加えることが望ましいです。 Q.定期検査を受ける意義とは? A.症状が出ない早期の段階… ▼続きを読む

排便後にトイレットペーパーに血がついた。どうする?(2019.09.04更新)
排便の際に出血があった場合にはその部位に関わらず注意しなければなりません。痔だと思い込んで放置していたがために、重篤な疾患のサインを見逃してしまうこともあります。決してご自身だけで判断せず、早期に… ▼続きを読む

無痛内視鏡検査を受けるにはどうしたらいいの?(2019.08.01更新)
内視鏡に対する不安や恐怖心をやわらげ、ほとんど苦痛を感じることなく検査を終えることができる無痛内視鏡検査。検査方法や注意点を正しく理解できれば、内視鏡検査に対するハードルを大きく引き下げること… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME