メニュー

家族が食道癌と診断されたけど、自分は大丈夫?

[2019.07.02]

f5260a5f27e2b904b8e8c018355f2e76_s

食道癌の発症は主に環境因子にあると言われています。しかし、体質的にお酒に弱い方は食道癌のリスクが高く注意が必要です。今一度、食生活を含めた生活習慣の見直しが肝心です。

Q.食道癌は遺伝するの?

A.食道癌の発症は環境因子による可能性が高いもの。しかしながら体質としてアルコールに弱い方は要注意!

05cc2ecda2feb81bf79640ca2fa760f6_s

一般的に発癌原因は遺伝因子を含む体質的なものと環境因子の2種が考えられます。食道癌はそれでいうと環境因子の方が強いものと研究されています。特にアルコールとタバコは大きな影響を与えます。

アルコールを分解する酵素の強弱は個人差が大きく、弱い場合にはより食道癌になりやすいタイプと考えられています。そういう意味で、“お酒が弱い”という体質的なものを引き継いでいる場合には遺伝的要素があるとも表現できます。しかし、アルコールを摂取しなければ避けることができるわけですから、結局のところは環境によるものとなります。また、タバコに関しても喫煙者のリスクは3倍以上の違いがあると言われています。

アルコールを分解する際にできる発癌物質アセトアルデヒド

日本人の約半数はアルコールを分解する酵素の活性が弱い遺伝子状態にあると言われています。アルコールを分解する際に発癌物質のアセトアルデヒドが生成されます。酵素が強い方に関してはすぐに分解できるためそのアセトアルデヒドが体内に溜まらない仕組みになりますが、活性が弱い方ほど体内に長くとどまってしまうため顔が赤くなったり、食道癌のリスクが高まることに繋がります。

お酒を飲んで顔が赤くなる方は要注意!

6e04921d72b8baf8f517b8c43c6a181d_s

“お酒が弱い”という方も実は2パターンに分かれます。ひとつはアルコールを全く飲めない方、もうひとつは飲んだら顔がすぐ赤くなる(フラッシング反応)方です。全く飲めない方に関してはそもそも身体がアルコールを受け付けない状態なので、お酒を飲むと気持ち悪くなったり体調に異変を感じるようになります。そのため、ご本人もアルコールを積極的に摂取することを自然と避けるようになります。必然的に食道癌のリスクも低下します。一方、顔が赤くなる方に関してはほろ酔い加減がちょうど良いように思われがちですが、飲酒後の血中内のアセトアルデヒドの濃度が正常な方に比べると6倍ほど高くなることがわかっています。加えて毎日3合以上の飲酒を続けた場合には、通常の方より100倍ほど発癌リスクが上昇することに繋がっていくため注意が必要です。

Q.家族内で食道癌を発症した方がいる場合に注意することは?

A. アルコールやタバコなど普段の生活習慣の見直しをしてください。

先に述べた通り、食道癌は主には環境因子による発症が一般的とされています。しかし、家族内でお酒やタバコを頻繁に摂取するような環境がある場合には、まずは生活習慣の改善を図るべきでしょう。特に、お酒にあまり強くない方の飲酒は食道癌のリスクが高まります。つきあい程度の機会飲酒を心がけるようにしてください。

Q.普段の生活において気をつけることはありますか?

A.内臓脂肪が多い方は「バレット腺癌」という別の食道癌の発症リスクが高まります。

eb26fdf3a8f376077a9193d8829c6dcd_s

お酒やタバコ以外にも生活習慣として大きく関わっているものは肥満です。内臓脂肪の多い方は逆流性食道炎になりやすい傾向があります。腹圧が上がることで胃酸が上がりやすい状態となります。この逆流性食道炎を繰り返すとバレット食道ができやすくなり、バレット食道になるとバレット腺癌という食道癌になりやすくなります。胃酸の逆流による炎症を繰り返すことで発癌するという、また別の種類の食道癌です。そういった意味でも生活習慣病を意識した生活を送ることはとても重要なことです。

Q.心配や不安がある場合にはどこで相談できますか?

A.最寄りの消化器内科にて内視鏡検査を受けることをおすすめします。

早期癌には自覚症状はありませんので、定期的な内視鏡検査を加えることが最も有効な予防になると考えます。内視鏡検査をすると食道内部の詳細な観察が可能となりますので、数ミリ程度の小さなものでも発見できます。食道癌の初期症状として特徴的なものはつかえ感です。食道癌は進行度合いとしても一年に1回の内視鏡検査を行っていれば生命にかかわる事態は防げることが多いですので、ぜひ定期的な受診をご検討いただければと思います。

生活習慣を見直すことで改善は大いに期待できます―

大腸癌や胃癌に比べると、食道癌は普段の生活習慣による影響がより色濃く関わっていることがわかります。アルコール・タバコ・肥満といった生活習慣病の代表例とも言える要因を意識して避けることで改善の可能性は大きく広がります。また、大腸癌や胃癌に比べると早期発見が最も重要となるのが食道癌です。進行性の食道癌になってしまうと、開胸手術は避けられないため身体に対する負担は想像以上に大きなものとなります。手術自体も困難を極める技術が必要となりますから、食道癌の早期発見は非常に重要です。安心して美味しいお酒やタバコを嗜みたい方こそ、ぜひ定期的な内視鏡検査をお受けください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME